東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

交番で警官刺殺 銃強奪 小学校前 男性撃たれ死亡 富山、元自衛官を逮捕

警察官が襲撃された富山中央署奥田交番(右の赤色灯がある建物)付近を調べる捜査員ら=26日午後6時8分、富山市久方町で(泉竜太郎撮影)

写真

 二十六日午後二時ごろ、富山市久方町の富山中央署奥田交番で、男が所長の稲泉(いないずみ)健一警部補(46)の腹部を刃物で刺し、拳銃を奪って逃走した。近くの奥田小学校付近で警備員中村信一さん(68)に発砲した後、駆け付けた警察官に撃たれた。稲泉警部補と中村さんは間もなく死亡、男は内臓損傷で重体。富山県警は奪われた拳銃が発砲に使われたとみている。 

 男は同日午後二時二十五分ごろ、交番から北西へ約二百メートル離れた奥田小学校の敷地内で殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。県警によると、男は元自衛官でアルバイトの島津慧大(けいた)容疑者(21)=同県立山町末三賀(すえさんが)。拳銃は中村さんの近くに落ちており、県警が回収。五発の薬きょうが全て空だった。県警は同署に捜査本部を設置。容疑を殺人に切り替え調べている。

 稲泉警部補は男性相談員と交番にいた。裏口がノックされた音に気付き、様子を確認したところ、刃物で襲われたという。腹部を中心に数十カ所刺された。死因は出血性ショック。

 島津容疑者は拳銃を奪った後、奥田小に向かい、正門付近にいた中村さんに発砲したとみられる。中村さんは左肩や頭部を撃たれたとみられ、死因は頭部損傷。奥田小によると、中村さんは、学校の耐震工事で出入りする工事車両の交通整理をしていた。

 県警によると、正門付近に駆けつけた警察官二人が発砲を警告したが、島津容疑者が刃物を持って走ってきたため発砲。銃弾は左腹部に当たり、取り押さえられた時、二本の刃物を所持していたという。交番の裏口にも刃物が残っていた。島津容疑者が何発発砲したかは「捜査中」という。

 奥田小によると、当時は校外学習で不在だった四年生以外の約四百人が授業中で、体育館に避難させた。

写真

 自衛隊関係者によると、島津容疑者は二〇一五年三月に任期付き自衛官として入隊し、陸上自衛隊金沢駐屯地の第一四普通科連隊に所属。昨年三月に任期を満了し陸士長で退官した人物とみられる。普通科隊員は通常、小銃を扱い、素手での格闘術の訓練も行う。

 奥田交番はJR富山駅から北東に約一キロ離れた住宅街の一角。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報