東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

日歯連前会長らに有罪 東京地裁判決 迂回献金、規正法違反

 政治団体「日本歯科医師連盟」(日歯連)の迂回(うかい)献金事件で、政治資金規正法違反(虚偽記入、量的制限超過)の罪に問われた前会長高木幹正被告(73)と、元会長堤直文被告(76)の判決公判で、東京地裁(前田巌裁判長)は二十七日、いずれも禁錮一年六月、執行猶予三年を言い渡した。求刑は高木被告が禁錮二年、堤被告は同一年六月だった。団体としての日歯連には求刑通り罰金五十万円を言い渡した。

 政治団体間の寄付については、日歯連による自民党旧橋本派への一億円献金隠し事件(二〇〇四年)を契機に、改正政治資金規正法が〇六年に施行され、政治団体間の寄付は年間五千万円までとする量的制限が設けられた。量的制限超過で立件されたのは、今回の事件が初めてで、前田裁判長は判決理由で「量的規制違反の点は、法改正の趣旨をないがしろにするところが甚だしい。政治活動の公明と公正を確保しようとする法の趣旨を軽視したことが明らかだ」と指摘した。

 判決では、元副理事長で会計責任者だった村田憙信(よしのぶ)被告(73)=同罪で有罪判決、控訴中=と共謀し、高木被告は一三年の参院選で日歯連が擁立した自民党候補の後援会に計九千五百万円を寄付。法定の上限である年間五千万円を超えるため、資金の一部が別団体を経由したように装って収支報告書に虚偽の記入をした。

 堤被告は一〇年の参院選で日歯連が擁立した民主党(当時)候補の後援会に対し、実際には一億円を寄付したのに、量的制限の規制を逃れるため、このうち五千万円について、党支部に寄付をしたと収支報告書に虚偽の記入をした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報