東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ナイフ、おの複数所持 富山交番襲撃 元自衛官、計画的か

 富山市の交番で警察官刺殺後、警備員が射殺された事件で、警備員に対する殺人未遂容疑で現行犯逮捕された富山県立山町の元自衛官島津慧大(けいた)容疑者(21)=入院中=が、サバイバルナイフとダガーナイフのようなものなど少なくとも四本以上の刃物を持っていたことが二十七日、捜査関係者への取材で分かった。 

 島津容疑者は事件当日、「アルバイト先で上司を殴った。バイトを辞める」との趣旨の内容を無料通信アプリで家族に伝えていたことも判明。県警は、島津容疑者が襲撃を計画して刃物を事前に準備していたとみており、このメッセージと事件との関連や動機を調べている。アルバイト先の関係者によると、実際に勤務中に上司を殴り、いなくなったという。県警は、司法解剖して二人の死因を調べるとともに、島津容疑者宅を家宅捜索した。

 捜査関係者によると、交番付近で見つかったのと身柄確保時に手に持っていた計三本は、おのとサバイバルナイフ、ダガーナイフのような形状のいずれも片刃の刃物だった。

 ダガーナイフは一般的に両刃で殺傷能力が高い。東京・秋葉原の無差別殺傷事件で凶器として使われたことを契機に、所持が禁止された。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報