東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ドカベン最終回、感無量 掲載号 ファンら次々手に

上野駅構内の書店に並ぶ「ドカベン」最終回が掲載された週刊少年チャンピオン最新号=28日午前、東京都台東区で

写真

 野球漫画の王道を歩んだ「ドカベン」が、二十八日発売の週刊少年チャンピオン(秋田書店)最新号で四十六年の歴史に幕を下ろした。作者の水島新司さん(79)は「キャラクターに囲まれて、毎日楽しく作品を描いてまいりました」と有終のコメント。かつての野球少年ら往年のファンから、感謝と惜別の声が上がった。

 東京都内の書店では、発売直後の同誌を手に取る背広姿の男性が目立った。紀伊国屋書店新宿本店(新宿区)で購入した会社員の福留賢司さん(46)は「選手たちの活躍をまだまだ見たかった。もったいない」と残念そう。野球関連の書籍が売り物のオークスブックセンター東京ドームシティ店(文京区)では、店長の原沢康幸さん(54)が「長い間、店を支えてくれた漫画。終わるのは痛いです」と話した。

 最新号では全プロ球団が激突する「ドリームトーナメント編」が完結。神奈川の明訓高校で共に戦った主人公の山田太郎、岩鬼正美、殿馬一人、里中智の「四天王」が再結集した東京のチームと、同じ明訓高校出身の微笑三太郎率いる京都のチームの決勝戦の行方を描いた。

 試合後、山田と岩鬼が出会いを回想し、ドカベンの名の由来である弁当の大きさを巡る逸話も再登場。「野球狂の詩(うた)」など他の水島作品と融合し「大甲子園」「プロ野球編」と続いた連載の年表も掲載し、単行本二巻が八、九月に刊行され、全二百五巻で完結することも発表された。

 最終回で「またいつの日かお会いできる日を楽しみにしております」とつづった水島さん。短編などでの復活はあるのか。週刊少年チャンピオン編集部は「全くの白紙」としている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報