東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

小学校内に銃弾2発 富山・交番襲撃 正門から発砲か

 富山市で警察官が刺され死亡、警備員が射殺された事件で、富山県警は二十八日、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した元自衛官島津慧大(けいた)容疑者(21)=入院中=が襲撃した交番近くの小学校建物内から、銃弾二発が見つかり押収したと明らかにした。島津容疑者が正門付近から小学校に向けて発射したとみて調べている。当時、校外学習で不在だった四年生以外の児童約四百十人が校内にいた。

 県警は、島津容疑者を逮捕する際に警察官が撃った二発を除き、交番や小学校付近で発射された銃弾は、奪われた拳銃のものだったと判断。装填(そうてん)されていた五発の発砲場所をほぼ特定した。

 県警によると、二十六日午後二時すぎに奪われた拳銃で発射されたのは交番付近で二発、市立奥田小の正門付近で三発とみられる。正門付近の三発のうち、一発は同小東側の仮設渡り廊下の床で発見。もう一発はこの渡り廊下を貫き、使用されていない旧保健室の天井に入り込んでいた。残る一発は、銃撃で死亡した警備員中村信一さん(68)が倒れていた敷地内の地面にあった。

 一方、交番付近の二発は見つかっていないが、交番にいた相談員の男性が一発の発砲を確認。助けを求めて交番の外に出た後にもう一発の銃声を聞いていた。

 いずれも、刺殺された稲泉(いないずみ)健一警部補(46)と島津容疑者のどちらが撃ったのかは不明。稲泉警部補の左手には銃弾が貫通した痕があった。

 島津容疑者を確保するため現場へ駆け付けた警察官二人が発射した計二発のうち、一発は島津容疑者の体内から摘出されたが、もう一発は見つかっていない。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報