東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

芥川賞候補作 複数の類似表現 講談社「群像」におわび掲載へ

 七月に選考会がある芥川賞の候補作で、東日本大震災の被災地を舞台にした作家北条裕子(ゆうこ)さん(32)の小説「美しい顔」に、ノンフィクション作家石井光太(こうた)さんのルポルタージュで映画化もされた「遺体 震災、津波の果てに」(新潮社)などとの類似点が複数見つかった。講談社は二十九日、おわびと参考文献を七月六日発売の文芸誌「群像」八月号に掲載することを明らかにした。

 「美しい顔」は、群像新人文学賞受賞作として「群像」六月号(五月七日発売)に掲載された北条さんのデビュー作。講談社によると、単行本化で確認したところ、震災直後の遺体安置所の描写などが、石井さんの作品に似た部分があった。五月中旬、石井さんに謝罪文を手渡した。

 類似点について、講談社と新潮社で見解が一部、合わないため、協議を続けている。

 石井さんは「多くの被災者の話を聞き、それぞれの方の許諾をいただいてまとめた」とし、「被災者の方々も含め、誠意ある対応を望む」とコメント。新潮社は「参考文献を記載して解決する問題ではない。類似箇所の修正を含め、誠意ある対応を求めている」としている。

 他に参考文献として掲載されるのは、東北学院大の金菱清教授らが編者の被災者手記「3・11 慟哭(どうこく)の記録」(新曜社)など四冊。

 芥川賞・直木賞を主催する日本文学振興会は「対応を検討中で、候補から外すかどうかも含めて何も決まっていない」としている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報