東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

民間ロケット 落下し爆発 北海道のベンチャー 打ち上げ再び失敗

打ち上げ直後に落下し、炎上する小型ロケットMOMO2号機の映像=30日午前5時半ごろ、北海道大樹町で(インターステラテクノロジズ提供)

写真

 北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」は三十日午前五時半ごろ、自社開発した小型ロケットMOMO(モモ)2号機を同町の実験場から打ち上げたが、直後に機体は推進力を失い、そのまま下部から落下して爆発、炎上した。けが人はいなかった。

 稲川貴大社長は記者会見し、ロケットは打ち上げの四秒後に推進力を失ったとした上で「メインエンジンに何らかのトラブルが起きた」との見方を示した。打ち上げ時のデータなどを分析し、原因究明を進める。

写真

 昨年七月の1号機に続いての失敗となり、民間による宇宙開発の難しさが浮き彫りになった。宇宙空間とされる高度百キロ以上への到達を目指していた。

 稲川社長は「期待されたことを達成できなかった。申し訳ない」と謝罪。次の打ち上げについては何も決まっていないとしながらも「気持ちの面ではチャレンジを続けたい」と述べた。

 同社を設立した実業家の堀江貴文さんも記者会見に同席し「これまでになかった失敗だ。次の3号機を打ち上げるためにバックアップ態勢を強化したい」と語った。

写真

 ロケットには燃料などとしてエタノールや液体酸素、ヘリウムが充填(じゅうてん)されており、安全確保のため周辺に人は近づかずに鎮火を待った。打ち上げの際、関係者は発射地点から約六百五十メートル離れた場所におり、一般の人は約千五百メートル先から見ていた。

 2号機は全長約十メートル、直径五十センチ、重さ約一トン。1号機は約七十秒後に通信が途絶え、上空で壊れたとみられたため、機体の強度を高めるなどの改良をした。2号機は当初、四月末に発射予定だったが、直前に窒素ガスが漏れる不具合があり延期していた。打ち上げ費用は数千万円だという。先端部には、高知工科大が開発し、上空での音の伝わり方を分析する装置を搭載していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報