東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

潜伏キリシタン、世界遺産に 国内22件目 再挑戦実る

写真

 【マナマ=共同】中東バーレーンで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)第四十二回世界遺産委員会は三十日、江戸時代以降のキリスト教禁制と独自信仰の歴史を伝える「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎、熊本)を世界文化遺産に登録すると決定した。「二世紀以上にわたる禁教下で信仰を継続した独特の宗教的伝統を物語る、他に類を見ない証拠」と高く評価し、十二の構成資産全てが世界遺産にふさわしいと判断した。

 二〇一五年に日本政府が推薦したが、ユネスコ諮問機関に内容の見直しを促され、昨年、禁教期に焦点を当てた推薦書を提出して再挑戦したことが実を結んだ。国内の世界遺産は二十二件目で、一三年の「富士山」(山梨、静岡)以降、六年連続での登録。内訳は文化遺産十八、自然遺産四となる。

 潜伏キリシタン関連遺産は、信徒が暮らした「天草の崎津集落」(熊本県天草市)や、現存する国内最古の教会で国宝の大浦天主堂(長崎市)など十二資産で構成。政府は、信徒弾圧と潜伏、仏教徒を装うなど独自の信仰形態を生み出した歴史を裏付けると訴えた。

 世界遺産委の審査では、委員国から「ユニークで傑出した歴史を語る価値のある遺産だ」などと登録を支持する意見が相次いだ。決議では、既に廃絶した教会跡などの記録資料の作成を日本政府に勧告。離島などでの受け入れ可能な観光客数を検討し、新規の開発事業による影響を評価することも求めた。

 政府は一五年に「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」として推薦。昨年の再推薦後、諮問機関が今年五月に登録を勧告していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報