東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

未解決事件 懸賞金延長 八王子スーパー強殺など4件

 警察庁は、東京都八王子市のスーパー「ナンペイ大和田店」で一九九五年七月に女子高生ら三人が射殺された強盗殺人など四事件で、解決につながる情報の提供者に支払う公的懸賞金(捜査特別報奨金)の受付期間を一年間延長することを決めた。八王子市の事件は七月三十日からで、十一回目の延長。

 延長されるほかの三件は、大阪府熊取町で二〇〇三年五月に小四女児が行方不明になった事件で七月二日から。延長は十一回目▽群馬県太田市のパチンコ店で九六年七月、四歳女児の所在が分からなくなった事件で七月一日から。同七回目▽新潟市で〇九年十一月、タクシー運転手が刺殺された強盗殺人事件で七月二十九日から。同七回目。

 懸賞金の上限額はいずれも三百万円。情報が複数あった場合は、解決への貢献度に応じて分割して支払われる。

 八王子市と太田市の事件は別に民間団体の私的懸賞金三百万円がある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報