東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

日通、備蓄米保管で不正 水ぬれ隠蔽 検査印偽造

 日本通運は四日、政府の備蓄米約八千キロ分の保管業務を巡り、不正行為があったと発表した。雨漏りで袋がぬれるなどしたコメを新しい袋に詰め替え、偽造した検査印を押して事故を隠蔽(いんぺい)していた。一部のコメは飼料用米として出庫された。主食用としては流通していないという。農林水産省は農産物検査法違反の可能性があるとして調べている。この業務は三菱商事が農水省から受託し、日通に委託していた。三菱商事は農水省からことし五月末に業務改善命令を受け、七月二日付で再発防止策をまとめ農水省に報告したと明らかにした。

 日通によると、広島支店の社員が二〇一四年六月、外装がぬれた一二年産政府米の玄米十五袋(一袋三十キロ)を新しい袋に詰め替え、その際に偽造した検査印を押した。

 この十五袋は一六年五〜六月、飼料用米として飼料工場に出庫された。玄米はぬれていなかったという。

 また一五年二月と一六年九月ごろには、荷崩れなどで外装が破れた一四年産政府米二百五十一袋を新しい袋に詰め替え、偽造印を押した。日通は、詰め替え後に保管されていた二百五十一袋を焼却処分する。

 日通は「社会および関係の皆様に、多大なご心配とご迷惑をおかけし、深くおわび申し上げます」とコメントした。三菱商事は「委託先への指導を徹底する」としている。

 <備蓄米> 凶作や大災害に備えて政府が保管するコメ。2011年に売買時期や数量などのルールが明確化された。毎年20万トンを目安に入札で買い入れて5年程度保管し、適正水準とされる約100万トンを常備する仕組み。深刻なコメ不足になれば主食用として放出する。保管し続けて古くなったコメは、飼料用米など非主食用として販売される。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報