東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

松戸女児殺害 DNA鑑定の評価焦点 あす地裁判決

渋谷恭正被告

写真

 千葉県松戸市の小学三年の女児=ベトナム国籍=が殺害された事件で、殺人などの罪に問われた小学校の元保護者会長渋谷恭正(やすまさ)被告(47)の裁判員裁判判決が六日、千葉地裁で言い渡される。検察側は、被害者一人の事件では異例の死刑を求刑。被告側は「検察側の主張は架空でねつ造」と無罪を主張している。裁判員らがどう判断するか注目される。 (黒藪香織)

 殺害されたのは、レェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9つ)。公判で検察側は、遺体の腹部の付着物からリンさんと被告のものが混ざったDNA型が検出され、被告の軽乗用車内から採取した血液が、リンさんのDNA型と一致したと強調。事件当日、被告の軽乗用車が遺体の遺棄現場方面を走行していたことなども挙げ、「被告が犯人であることに疑いはない」と主張した。

 弁護側は「被告のDNA型が捜査機関によって意図的に混入された疑いが否定できない」と指摘し、車の血液については「事件前に乗った際に付着した可能性がある」として、DNA型鑑定の信用性を疑問視。遺棄現場に被告の足跡や指紋がないことは不自然だとも主張し、「疑わしきは被告人の利益に」と訴えた。

 先月四日の初公判から論告求刑まで計十回の公判が開かれた。検察側証人として警察官やDNA型の鑑定人ら計十八人が出廷。弁護側は証人を立てず、被告人質問などで反論した。

 論告などによると、昨年三月二十四日、松戸市の自宅から登校中のリンさんを、わいせつ目的で軽乗用車で連れ去り、首を圧迫するなどして殺害、同県我孫子市の排水路脇に遺棄したとされる。

◆「有罪なら即日控訴」 被告、本紙記者と接見

 渋谷被告は先月十八日の論告求刑公判後、千葉市内の拘置施設で本紙記者との接見に応じた。無罪主張に変わりはないか尋ねると、「はい」と答えた。検察側の死刑求刑は「予想通り」とし、六日の判決については「天命を待つだけ」。有罪判決の場合は「即日控訴するつもり」と語った。

 黒いジャージー姿で椅子に腰掛けて手を組み、落ち着いた様子で話した被告。見守り活動を通じてリンさんと面識があり、「愛嬌(あいきょう)のある子」と印象を語ったが、「特に親しいわけではない」とも述べた。

 六月十四日の被告人質問で「通学路で何かあれば親の責任」と述べたことについては「言い過ぎた」と認めながらも、「子どもを守るのは親しかいない」とあらためて語った。

 昨年四月に逮捕されてから一年二カ月余。髪は散髪しておらず、肩まで伸びた。「願掛けみたいなもの。無罪になるまで伸ばす」と話した。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報