東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

あおり運転で殺人容疑 バイクに車追突、男を再逮捕

 堺市南区で二日夜、乗用車に追突されたバイクの男性が死亡する事故があり、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで現行犯逮捕された乗用車の男があおり運転をしていたとして、大阪府警が殺人と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで再逮捕していたことが、捜査関係者への取材で分かった。府警は四日、送検した。

 交通捜査課によると、あおり運転による死亡事故に殺人容疑を適用するのは異例。「殺害しようと思ったわけではない」と殺意を否認している。

 事故は二日午後七時半ごろ、堺市南区竹城台一の府道で発生。警備員中村精寛(あきひろ)容疑者(40)=同区茶山台二=の乗用車が大学四年高田拓海さん(22)=堺市西区=のバイクに追突し、高田さんは搬送先の病院で死亡した。

 中村容疑者は当初「左側を気にして見ていた」などと供述していたが、中村容疑者のドライブレコーダーに事故直前、高田さんのバイクに左側から追い抜かれ、後を追うように右車線に進路変更しながら約一分間にわたってクラクションを鳴らしたり、パッシングを繰り返したりする様子が記録されていたことが判明。区間は約一キロに及んだ。

 捜査関係者によると、中村容疑者のドライブレコーダーには、バイクへの追突直後に「これで終わりや」との音声が残っていた。また中村容疑者の音声とみられ、「終わったな」との発言もあった。執拗(しつよう)にあおり運転を繰り返した直後に録音されていることから、交通捜査課は死亡した高田さんに向けた発言の可能性もあるとみて調べる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】