東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

病気腎移植に一部保険適用 先進医療承認 手術は自己負担

 厚生労働省の専門家会議は五日、がん治療で取り出した腎臓を別の腎不全患者に移植する「病気腎移植」について「先進医療」に指定することを条件付きで承認した。移植手術の費用は自己負担だが、入院や投薬など費用の一部に健康保険が適用され、患者の負担が軽くなる。東京西徳洲会病院が計画を申請、宇和島徳洲会病院(愛媛県)とともに実施する。

 腎臓を丸ごと摘出する提供者に不利益が生じる恐れがあるなど安全面や倫理面での問題が指摘され、厚労省は臨床研究を除いて原則禁止していた。会議終了後、座長の宮坂信之・東京医科歯科大名誉教授は「病気腎移植にもろ手を挙げて賛成ではない。(手術自体にも)保険適用をするかどうかを評価するスタート地点にすぎない」と話した。

 徳洲会側の計画では、がんの大きさが七センチ以下で医学的に摘出が必要な患者から腎臓を取り出し、腫瘍部分を取り除いた上で、別の末期腎不全患者に移植する。計四十二人に移植を行い、九年かけて有効性を評価する。

 会議では、提供者が十分ながん治療を受け、移植を受ける患者が公平に選ばれる必要があると判断。提供者と移植患者の両方の選定に日本移植学会などの関連学会が関わることが条件とされた。

 これまで関連学会が反対してきた経緯から「厳しい条件になるのはやむを得ない」との意見もあった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報