東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

点滴中毒死 元看護師を聴取 殺人容疑、大筋認める

 横浜市神奈川区の大口病院(現・横浜はじめ病院)で二〇一六年九月、入院患者二人が中毒死した事件で、神奈川県警は七日、当時同病院に勤務していた看護師の女(31)が関与した疑いが強まったとして、このうち一人に対する殺人容疑で事情聴取を始めた。同容疑で逮捕状を請求する方針。捜査関係者によると元看護師は大筋で容疑を認めており、事件は重大局面を迎えた。

 同病院では同年九月十八日に西川惣蔵(そうぞう)さん=当時(88)、二十日に八巻(やまき)信雄さん=同(88)=が死亡。八巻さんが死亡した際、別の女性看護師が通常より点滴が泡立っていることに気づき、病院が警察に通報して発覚した。県警は神奈川署に特別捜査本部を設置し、百人体制で捜査を始めた。

 二人は四階の同じ部屋に入院。これまでの捜査で二人の遺体と八巻さんの点滴から、消毒液などに含まれる界面活性剤が検出された。四階のナースステーションで日常的に使われていた消毒液「ヂアミトール」に、界面活性剤が含まれていた。

 県警は八巻さんの死亡後、四階のナースステーションに置かれていた未使用の点滴袋五十個のうち約十個のシール状の封に、針で開けたような小さな穴があるのを発見。何者かが不特定多数の患者の殺害を狙い、注射器で点滴袋に消毒薬を注入した疑いがあるとみて捜査していた。

 元看護師は一六年末に同病院を辞めている。これまでの本紙の取材に「私は関わりありません」と関与を否定。十八日夜から十九日朝にかけて勤務していたことを認めたが「不審なことには気付かなかった」と話していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報