東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

点滴中毒死 元看護師逮捕 横浜の病院「消毒液を20人に」

久保木愛弓容疑者

写真

 横浜市神奈川区の大口病院(現横浜はじめ病院)で二〇一六年九月に起きた点滴連続中毒死事件で、神奈川県警は七日、入院患者の西川惣蔵(そうぞう)さん=当時(88)、同市青葉区=を殺害したとして、殺人容疑で同病院に看護師として勤務していた久保木愛弓(あゆみ)容疑者(31)=同市鶴見区上末吉=を逮捕した。 

 捜査関係者によると、久保木容疑者は調べに「間違いない」と容疑を認め、被害者への謝罪の言葉を口にしている。また、逮捕前の任意の事情聴取で、西川さんの二日後に亡くなった入院患者の八巻(やまき)信雄さん=同(88)、同市港北区=の殺害も認め、他に二十人前後の患者の点滴に消毒液を混入したとしている。「患者が亡くなった際の家族への説明が苦手だった」との趣旨の話もしたという。

 病院によると、西川さんと八巻さんの二人が入院していた四階では一六年七月から九月二十日にかけ、県警が病死と断定した二人以外に、西川さんと八巻さんら入院患者四十六人が死亡した。一日五人が死亡したこともあった。

 逮捕容疑は一六年九月十八日、西川さんの体内に何らかの方法で消毒薬「ヂアミトール」を注入し、中毒死させて殺害したとされる。八巻さんが二十日に死亡した際、別の看護師が通常より点滴が泡立っているのに気づき、病院が警察に通報した。久保木容疑者は十八日の夜勤担当者だった。

 二人に使われた点滴は十七日午前十時ごろ、一階の薬剤部から四階のナースステーションに運ばれた。県警はこの後、何者かが点滴に注射器で消毒薬を入れた連続殺人事件とみて捜査。二人の遺体と八巻さんの点滴から界面活性剤を検出した。四階のナースステーションで日常的に使われていたヂアミトールに含まれているのと同じ界面活性剤だったことが分かった。

 久保木容疑者は一六年末に退職。本紙の取材に「私は関わりありません」「不審なことには気付かなかった」と関与を否定していた。

 同病院は事件を受けて一六年末に入院病棟を閉鎖し、外来診療だけを続けてきた。一七年十二月に病院名を「横浜はじめ病院」に変更。今年二月に入院患者の受け入れも再開した。

 同病院の鈴木峻院長は「患者やご遺族の皆さまにあらためて深くおわび申し上げます。事案の解明が進むことを願っております」とのコメントを発表した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報