東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

点滴中毒死 別の2人から消毒薬成分 容疑者「発覚2カ月前から」

 横浜市神奈川区の旧大口病院(現横浜はじめ病院)で入院患者二人が消毒薬を混入されて中毒死した事件で、二人と同時期に死亡した別の二人の入院患者からも同じ消毒薬の成分が検出されたことが、捜査関係者への取材で分かった。

 殺人容疑で逮捕された元看護師久保木愛弓(あゆみ)容疑者(31)は逮捕前の任意の事情聴取に、二十人前後の入院患者に消毒薬を混入したことを認め、「(事件発覚二カ月前の)二〇一六年七月ごろから入院患者に消毒液を混入していた」と説明していることも判明。神奈川県警は九日、久保木容疑者を送検し、患者らが死亡した経緯を調べる。

 同病院では一六年九月十八日、四階に入院していた西川惣蔵(そうぞう)さん=当時(88)=が死亡。同二十日には同じ部屋に入院していた八巻(やまき)信雄さん=当時(88)=が死亡した。司法解剖の結果、二人の遺体からは消毒薬「ヂアミトール」の成分を検出し、死因は中毒死だと断定した。

 捜査関係者によると、県警が二十日に事件を把握した後、十八日に死亡した別の男性患者=当時(89)=の遺体も司法解剖した。死因は病死と判断したが、体内からヂアミトールの成分を検出した。また十六日に死亡した女性患者=当時(78)=の血液を病院が保存していて、県警が薬物検査したところ同じ成分が検出された。ただ、死亡との因果関係は不明という。

 久保木容疑者は当時、四階の病室を担当。西川さん、八巻さんに加え、他の入院患者二人の計四人に消毒薬を混入したことを認めているという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報