東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

加藤剛さん死去 80歳「大岡越前」「砂の器」

写真

 テレビ時代劇「大岡越前」や映画「砂の器」で知られ、端正な顔立ちと落ち着いた演技で人気を集めた俳優の加藤剛(かとうごう)(本名剛(たけし))さんが六月十八日に、胆のうがんのため死去していたことが九日分かった。八十歳。静岡県出身。葬儀・告別式は近親者で行った。お別れの会を九月二十二日に東京・六本木の俳優座劇場で開く。

 早稲田大を卒業後、俳優座養成所に入り、一九六二年にドラマ「人間の条件」の主人公に抜てきされて注目を集めた。山本薩夫監督の映画「戦争と人間」などに出演、正義感の強い男や逆境を乗り越える力強い人間を演じて評価された。

 熊井啓監督の恋愛映画「忍ぶ川」で栗原小巻さんと共演して話題に。野村芳太郎監督の「砂の器」では、暗い過去を隠して自らの立場を守ろうとする天才作曲家を熱演し、代表作となった。

 七〇年に始まった「大岡越前」では、人情味あふれる裁きを下す大岡越前守忠相(ただすけ)が当たり役になり、舞台でも演じた。NHK大河ドラマ「風と雲と虹と」では平将門役で主演した。

 二〇〇一年紫綬褒章、〇八年旭日小綬章など。著書に「こんな美しい夜明け」などがある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報