東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

点滴中毒死「勤務時間前に殺害」 容疑者 遺族へ説明避ける?

 横浜市神奈川区の旧大口病院(現横浜はじめ病院)で二〇一六年九月に入院患者二人が中毒死した事件で、西川惣蔵(そうぞう)さん=当時(88)=への殺人容疑で逮捕された同病院元看護師の久保木愛弓(あゆみ)容疑者(31)が神奈川県警の調べに「自分の勤務時間が始まる前に殺害しようと思った」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かった。

 久保木容疑者は逮捕前の事情聴取に「患者が亡くなった際の家族への説明が苦手だった」と話したことが明らかになっている。県警は、家族への説明を避ける狙いでタイミングを見計らって犯行に及んだ可能性があるとみて調べている。

 久保木容疑者は西川さんが死亡した同月十八日、午後五時からの夜勤を担当。午後三時ごろに出勤して以降、四階の病室に入院していた西川さんの体内に何らかの方法で、医療機器の殺菌や手の消毒などに使う「ヂアミトール」を混入して殺害したとされる。ヂアミトールに含まれる界面活性剤は高濃度で体内に入ると、多臓器不全などを起こす恐れがある。

 捜査関係者によると、久保木容疑者は出勤後、四階のナースステーションで日勤の看護師と引き継ぎをした後、もう一人の夜勤者が引き継ぎをしている間にナースステーションを出た。

 久保木容疑者が西川さんの病室に入ったのを見たという証言はなかったが、午後四時四十五分ごろに病室から出てくるのを同僚が目撃。西川さんはその五分後から心拍数が低下し、午後七時ごろに死亡した。西川さんの遺族への説明は別の看護師がした。

 久保木容疑者は約二十人に混入したことを認めている。

◇西川惣蔵さんが死亡した経緯

2016年9月13日 西川さんが4階の病室に入院

17日午前10時ごろ 17〜19日の3日分の点滴袋が4階ナースステーションに運ばれる

18日午後3時ごろ 久保木容疑者が出勤し、ナースステーションで日勤者と引き継ぎ

   午後4時45分ごろ 西川さんの病室から出てくる久保木容疑者を同僚が目撃

   午後4時50分ごろ 西川さんの心拍数が低下しアラームが鳴る

   午後5時 久保木容疑者の本来の勤務時間が始まる

   午後7時ごろ 西川さんが死亡

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報