東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

サンマ1キロ、3万3000円 釧路港初競り、過去最高

釧路港に初水揚げされたサンマ=10日午前、北海道釧路市で

写真

 北海道東部沖の太平洋でサンマ流し網漁が始まり、釧路港で十日、全国に先駆けて初水揚げがあった。釧路市漁協によると、地方卸売市場での初競りで一キロ三万三千円の値が付き、二〇一六年の二万九千円を上回って過去最高だった。

 釧路港では同日早朝、箱に入ったサンマが次々と水揚げされた。同漁協などによると、初日の水揚げ量は昨年の約二千五百キロより少ない約七百キロ。小ぶりだが希少なため人気が高く、全国から注文があるという。

 昨年の全国の漁獲量は八万五千トンと、ほぼ半世紀ぶりの低水準に沈んだ。えりも町の漁師、大山健太さん(31)は「昨年よりも量が少なく、身も小さい。また漁に出るが、期待はできない」と険しい表情だった。釧路魚市場の青木一哉課長代理は「庶民には出せない値段になってきている。水揚げが増え、安く提供できれば」と話した。

 百トン以上の大型船も操業する主力の棒受け網漁は、八月中旬から本格化する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報