東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

点滴中毒死 消毒薬、管から注入か 薄まらず短時間で作用

写真

 横浜市神奈川区の旧大口病院(現横浜はじめ病院)で二〇一六年九月に入院患者二人が中毒死した事件で、西川惣蔵(そうぞう)さん=当時(88)=への殺人容疑で神奈川県警に逮捕された元看護師の久保木愛弓(あゆみ)容疑者(31)が、医療器具の「三方活栓(さんぽうかっせん)」を使い、点滴チューブに直接消毒薬を注入した疑いがあることが、捜査関係者への取材で分かった。

 三方活栓は、点滴チューブの途中に取り付ける器具で、ここから注射器で直接薬剤を体内に注入できる。点滴袋に混ぜるよりも、薬剤の濃度が薄まらず、短時間で体内に取り込まれる作用があり、「ワンショット注入」と呼ばれる名称で医療現場で日常的に使われている。

 久保木容疑者は県警の調べに西川さんについて「自分の勤務時間が始まる前に殺害しようと思った」と供述し、「勤務時間中に患者が死ぬと、自分が家族に説明せねばならず苦手だった」とも説明。県警は、久保木容疑者が短時間で西川さんの容体を急変させるため、この器具を使った疑いがあるとみている。

 捜査関係者によると、西川さんの遺体からは消毒薬「ヂアミトール」の成分が検出されたが、点滴袋からはこの成分は検出されなかった。

 また、久保木容疑者は西川さんが死亡した同月十八日は午後五時からの夜勤勤務で、日勤者との引き継ぎのため午後三時ごろに出勤。久保木容疑者が西川さんの病室から出た五分後の午後四時五十分ごろ、西川さんの心拍数が低下し、午後七時ごろに死亡した。

 県警は、自分の勤務が始まる前に西川さんの容体が急変すれば、家族への説明を免れると考え、久保木容疑者が病室に入った際にワンショット注入を行った疑いがあるとみている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報