東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

米空軍オスプレイ、所沢着陸機は横田から 配備前 募る不安

写真

 予告や事前説明なく米軍所沢通信基地(埼玉県所沢市)へ二日夕に離着陸した米軍輸送機オスプレイについて、米軍横田基地(東京都福生市など)は、同基地から飛び立った空軍のCV22オスプレイだったと明らかにした。CV22は五機が今夏、横田に正式配備予定のため、住民や自治体は「今後も予告なく飛来するのでは」と懸念する。

 横田基地広報部が本紙に回答した。今回の離着陸に所沢市や埼玉県基地対策協議会は抗議したが、基地側は「日本政府との協定や規則に基づき適切に運用している」と説明した。離着陸の理由や今後の可能性は明らかにしなかった。

 同県内でオスプレイの離着陸が確認されたのは今回初めて。新座市によると、同市と東京都清瀬市にまたがる米軍大和田通信基地の上空でも目撃された。

 CV22は正式配備後、群馬や長野県などにまたがる自衛隊訓練空域や三沢対地射爆撃場(青森県)などでの訓練が想定される。「横田基地の撤去を求める西多摩の会」の高橋美枝子さんは「オスプレイは国内各地で不具合から緊急着陸している。今後、訓練地へ向かう途中の着陸先に使えるかどうか確認するために今回、試したのでは」とみる。

 所沢市の基地対策室は「今後も飛来が懸念され、説明を求めたい」と話す。米軍のオスプレイには空軍のCV22と、普天間(ふてんま)飛行場(沖縄県)に配備済みの海兵隊のMV22がある。 (辻渕智之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報