東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

麻原元死刑囚四女側 海に散骨の意向 不安訴え、国に支援要請

麻原元死刑囚の遺体の取り扱いについて記者会見する四女の代理人・滝本太郎弁護士。右は武井共夫弁護士=11日、東京・霞が関の司法記者クラブで

写真

 オウム真理教元代表の麻原彰晃(しょうこう)元死刑囚=執行時(63)、本名・松本智津夫(ちづお)=の遺骨について、元死刑囚の四女の代理人の滝本太郎弁護士は十一日、東京都内で会見し、遺骨を太平洋上に散骨するため、国に支援を求める要請書を提出したことを明らかにした。

 滝本弁護士は「教祖の遺骨を持つことは、宗教的権威になる。広い太平洋にまけば、聖地となることはない」と述べた。

 その上で、「信者や後継団体から攻撃があるのではないかと多大な不安がある」と現状を説明し、「国もテロ対応として、協力してほしい」と支援を訴えた。

 滝本弁護士によると、元死刑囚の刑が執行された六日、東京拘置所から四女に対し、遺体受け取りの意向確認があり、了解したという。四女側が火葬を要請し、遺骨は当面の間、東京拘置所で保管される見通し。

 また、七日に対面した元死刑囚の遺体について、「松本智津夫だなと、顔をよく確認した。彼にすべて正直に話してほしいと思ってきたが、実現できないまま、遺体を見ることになった」と残念がった。

 元死刑囚を巡っては、妻や三女ら親族五人は、拘置所の医師が麻原元死刑囚と会話が成立しなかったとしていることから、特定の人を指定することはあり得ないとして、遺体を妻へ引き渡すよう国に要求書を出している。滝本弁護士は「受取人として指名されたのは四女だ」として、今後、妻側と遺骨について調整する考えはないとした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報