東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

連休中ボランティア3万2000人 西日本豪雨 見込み上回る

 西日本豪雨で甚大な被害が出た岡山、広島、愛媛三県で、十四日からの三連休中のボランティア参加者が少なくとも約三万二千人に上ったことが十六日、各県の社会福祉協議会への取材で分かった。各県とも一日当たり約二千人と想定しており、三日間で一万八千人以上と見込まれたが、大きく上回った。

 各県に複数設置された災害ボランティアセンターに登録し、実際に活動した人数を社会福祉協議会が集計した。県別では岡山県が約一万二千人、広島県が約一万四千人、愛媛県が約六千人。いずれも速報値で、増減する可能性があるという。

 広島県や岡山県の社会福祉協議会によると、県内の自治体に参加者を限定したセンターがある一方、態勢が整い、宿泊場所などにも余裕があると判断し、県外から受け入れたところもあった。

 担当者の一人は「暑い中、多くの人が参加してくれ、被災地域の住民は喜んでいる。感謝したい」と話した。岡山、広島両県に多くのボランティアが集まった一方、愛媛県は予想に近い数で落ち着いた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報