東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

先生の本読み みんな育った 加古里子(かこさとし)さんしのぶ会、川崎で

加古さん作の絵本に囲まれた遺影に献花する参列者たち=16日、川崎市中原区の同市市民ミュージアムで

写真

 五月二日に九十二歳で亡くなった絵本作家の加古里子(かこさとし)(本名中島哲(さとし))さんをしのぶ会が十六日、川崎市市民ミュージアム(同市中原区)であった。家族や関係者ら約二百五十人が参列し、遺影の周りに「だるまちゃん」シリーズなど著作約二百点が飾られた祭壇に花をささげた。

 加古さんは川崎市の工業地帯で一九五〇年代、子どもたちに手作り紙芝居を披露した経験を原点に、「からすのパンやさん」シリーズや科学絵本など多数の著作を残した。市民ミュージアムは、こうした活動を振り返る「かこさとしのひみつ展」を生前から企画。準備中に加古さんが亡くなり、同展の開催に合わせてしのぶ会を開いた。

 開会の言葉で福田紀彦・川崎市長は「私も、私の子どもも加古先生の本を読んで育った。どの本も子どもにとって大切なことを丁寧に教えてくれた。励まされた子どもは多かった」と感謝の意を表した。絵本作家の長野ヒデ子さんは「加古先生は子どもたちを『子どもさん』と必ず呼び、尊厳を持って向き合ってこられた。(絵本作家として)一番の原点を教えられた」と語り、頭を下げた。

 参列者は同展も見学し、加古さんの生涯を見つめ直していた。 (安田栄治)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報