東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

浜田知明さん死去 版画・彫刻家、戦争の不条理表現

写真

 旧日本軍に入隊し、戦地に赴いた体験を基に、戦争の不条理などを表現した作品で知られる版画・彫刻家の浜田知明(はまだちめい)(本名浜田知明(ともあき))さんが十七日、老衰のため死去した。百歳。熊本県御船町出身。通夜は十八日午後六時から、葬儀・告別式は十九日正午から熊本市中央区河原町二三、豊住葬祭で。喪主は長女宏子(ひろこ)さん。

 第二次世界大戦が始まった一九三九年に東京美術学校(現東京芸術大)を卒業後、旧日本軍に入隊。戦後は中国大陸などで従軍した体験を基に、戦争の不条理や怒りなどを反映した作品を多く発表した。

 五一年から銅版画「初年兵哀歌」シリーズを発表。薄暗い部屋で自分に銃を向ける新兵の姿を描いた銅版画「初年兵哀歌(歩哨)」は五六年にルガノ国際版画展で受賞。八九年にはフランス政府から芸術文化勲章シュバリエを受章した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報