東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

肺がん見落とし、女性死亡 杉並区健診のクリニック

 東京都杉並区高円寺南の河北健診クリニックが、胸部エックス線検査を受けた四十代女性患者の異常を見落とし、女性が今年六月に肺がんで死亡していたことが十七日、分かった。

 杉並区によると、女性はこれまで複数回、同クリニックの成人健診を受診。二〇一四年と一五年に受けた職場の健診では、胸部エックス線検査で腫瘤(しゅりゅう)影があるにもかかわらず、異常なしと診断された。さらに、今年一月に受けた区の肺がん検診でも異常なしの判定だった。

 女性が今年四月に呼吸困難で他の病院に救急搬送され胸部エックス線検査などを受けた際、異常が指摘され、過去の見落としが分かった。その後、脳梗塞や肺がんと診断されて治療を続けたが、六月に亡くなった。

 問題判明後、杉並区は区肺がん検診で撮影した胸部エックス線画像の再調査をクリニック側に依頼したところ、一四年九月以降の約九千件のうち、四十四件で「要精密検査」となった。

 杉並区の田中良区長は「区の肺がん検診においてあってはならない事故が発生し、大変残念で言葉もない。区民の皆さまに大きな不安を与え、深くおわびする」とのコメントを出した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報