東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「てるみ」社長に懲役6年 東京地裁判決 融資金詐取「手口巧妙」

山田千賀子被告

写真

 銀行から巨額の融資金をだまし取ったとして、詐欺罪などに問われた旅行会社「てるみくらぶ」(東京、破産手続き中)の社長山田千賀子被告(68)に、東京地裁は二十日、懲役六年(求刑懲役八年)の判決を言い渡した。初公判で起訴内容を認めていた。

 河本雅也裁判長は判決理由で、会社の経営を続けるために架空の請求書を提出し、使途を偽って融資を申し込んだと指摘。「手口も巧妙で、被害金の大半は返済されていない。個人的な利得を得ていないことも酌むべき事情とは言えない」と述べた。

 判決によると、元社員笹井利幸被告(37)=同罪などで起訴=と共謀。財務状況を良く見せかけた虚偽の決算書を示し、二〇一六年六〜十二月に三井住友銀行から三億九千四百万円を、一七年二月に東日本銀行から約一億五千万円をだまし取った。山田被告は役員報酬約一千万円を隠したまま東京地裁に自己破産を申し立て、破産管財人にも申告しなかった破産法違反(詐欺破産、虚偽説明)の罪でも起訴され、これも有罪と認定された。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報