東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

東京五輪観戦 2500円〜13万円 入場券の概要公表

写真

 二〇二〇年東京五輪・パラリンピック組織委員会が二十日、五輪の入場券価格の概要を公表した。開会式は一万二千円〜三十万円、競技はサッカーなどで最も安い二千五百円から、陸上競技で最も高い十三万円まで、幅広い価格帯を設定した。一般販売は来年春の開始を予定している。

 別枠で「企画チケット」として、開催年にちなんだ二千二十円の低価格チケットも対象者限定で販売する。

 大半の競技で四千円以下の入場券を用意し、全体の入場券の半分以上を八千円以下とした。

 二千二十円の企画チケットは二種類。子どもや高齢者、障害者を含む家族などを対象にした「グループ向け」は開閉会式を含む全競技で販売する。「学校連携観戦プログラム」として学校や自治体単位で購入できるものは、パラリンピックと合わせ百万人以上に活用してもらう方針。

 今後、富裕層向けに飲食サービスなどが付いた高額な企画チケットも準備し、最高は四千五百ポンド(約六十六万円)だったロンドン五輪に近い価格となる見通し。車いす席の入場券については別途発表する。

◆チケット販売は当初ネットのみ

 来年春に始まる東京五輪のチケット販売は、当初は公式サイトからのオンライン販売のみで、受け取りは二〇二〇年春以降となる。購入するためには、まず「TOKYO 2020 ID」への登録が必要。既に約五万人が登録している。URLはhttps://id.tokyo2020.jp/

 二〇年にはチケットを直接購入できる販売窓口が東京都内を中心に設けられる予定で、大会期間中は各競技会場の窓口でも購入が可能になる。購入の際にクレジットカードで決済する場合は、大会スポンサーのVISAブランドのカードに限られる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報