東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

熱中症疑い高齢者ら11人死亡 連日の猛暑 きょう以降も

写真

 日本列島は二十一日も高気圧に覆われ、東北から西日本の広い範囲で気温が上昇し、京都府舞鶴市や鳥取市で三八・二度を記録するなど三五度以上の猛暑日となる地点が相次いだ。救急搬送された人も多く、共同通信の取材では熱中症か、熱中症の可能性がある死者が十一人に上った。

 気象庁は各地に高温注意情報を出し、水分や塩分の補給、エアコンの適切な利用など熱中症を予防する対策を呼び掛けた。厳しい暑さは二十二日以降も続く見通し。

 気象庁によると、二十一日は群馬県伊勢崎市で三八・一度、群馬県館林市、埼玉県熊谷市でも三八・〇度を記録。全国にある九百二十七観測地点のうち、六百八十七地点で三〇度以上となり、このうち百七十九地点で三五度以上の猛暑日となった。

 西日本豪雨の被災地では、岡山県倉敷市三三・九度、広島県府中市三六・四度、愛媛県大洲市三五・六度などとなった。東京都心は三四・九度。

 東京都板橋区の集合住宅の一室で、住人とみられる七十代の男女が死亡していたほか、大阪市の市営住宅でも七十代の夫婦が死亡。埼玉県草加市では病院に搬送された男性(46)が死亡し、滋賀県彦根市、兵庫県佐用町、愛知県岡崎市、三重県桑名市、岐阜県揖斐川町、広島県廿日市市でも高齢の男女六人の死亡が確認された。

 茨城県の中学校二校で部活動中の生徒らが体調不良を訴えて病院に運ばれるなど、熱中症による救急搬送も相次いだ。

◆熱中症予防 子ども特に注意を

 熱中症を防ぐには、どんな対策が必要なのか。熱中症は、体温の上昇で体内の水分や塩分のバランスが崩れて生じる健康障害の総称。目まいや手足のけいれん、だるさや吐き気を感じたら涼しい場所に移り、すぐに体を冷やし水分や塩分を取るのが大切だ。

 屋内でも油断は禁物。東京都のまとめで、昨年六〜九月に熱中症で亡くなった三十五人のうち、三十一人が屋内で死亡。二十二人はエアコンを使っていなかった。

 消防庁や厚生労働省は、室温が二八度を超えないよう管理することや、外出する際は帽子などで日よけ対策をし、なるべく日陰で過ごすことを勧めている。体に熱がたまるのを防ぐため、吸水が良く速乾性の下着や、風通しの良い麻や綿の服を着るなど、服装にも注意する。ベルトなどは緩めて、風通しを良くする。

 海やプールで水に入る場合も、注意が必要。水中では汗をかいたことに気づきにくく、汗の蒸発による体温調整もしにくい。こまめに水分補給をし、水から出て日陰で休む時間も取るようにする。子どもは汗腺が未発達で大人より体温を調整しにくいため、注意が必要となる。

 症状が重くなると、会話が成り立たなくなり、呼び掛けに応じず、真っすぐ歩けない状態に陥る。意識障害が起こると、死亡につながることもある。本人が自分で水分補給をできない場合、水分が気道に入ることを防ぐため、無理に飲ませない方が良い。 (神谷円香)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報