東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「ローストビーフ」実は成型肉を使用 マックに再発防止命令

 消費者庁は二十四日、日本マクドナルド(東京)が昨年販売した「東京ローストビーフバーガー」と「東京ローストビーフマフィン」について、成型肉を使用したのに表示せず、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして再発防止を求める措置命令を出した。

 同庁表示対策課によると、昨年八〜九月に期間限定で販売。一〜五センチ大に切断された牛のブロック肉を加熱してくっつけ、形を整えた成型肉が使われていた。販売した二商品の計58%で使用されていた。

 表示対策課は、同社が成型肉を使用した理由について「ローストビーフの量を当初の予定より増やし、予定量を確保するため」と説明している。

 消費者庁のガイドラインでは、牛の成型肉を使用した料理は、切り身を使った料理と誤認されないよう表示することが求められている。日本マクドナルドは、ブロック肉のローストビーフを切って使用しているようなテレビCMを出した一方、店頭を含め、成型肉を使っているとの表示はなかった。

 同課によると、日本マクドナルドは当初、成型肉の使用を表示しなくてもよいと認識していたが、インターネットに「成型肉ではないか」という内容の投稿があったのを見て、表示の適正性を消費者庁に問い合わせた。二商品は全国約二千九百店舗で計約四百九十万食販売され、売り上げは少なくとも計約十七億円。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報