東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

暑さ続く 気象庁3カ月予報

 気象庁は二十五日、八〜十月の三カ月予報を発表した。全国的に暖かい空気に覆われやすく、気温は平年並みか高いとしている。「広い範囲で三九度以上になる可能性は低くなるが、三五度以上の猛暑日が続く地点が出てもおかしくない。湿度が高い傾向があり、熱中症の危険性は変わらない」と注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、日本の上空を吹く偏西風が南よりになる上、フィリピン付近で対流活動が活発なため、北日本(北海道、東北)に加え、東日本(関東甲信、北陸、東海)や西日本(近畿、中四国、九州)にも湿った空気が入りやすくなるという。

 降水量は東日本、西日本はほぼ平年並み。沖縄・奄美は平年並みか少なく、北日本は九月に多くなる可能性がある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報