東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

オウム全死刑囚、刑執行 教団事件、法手続き終結

 法務省は二十六日、オウム真理教による一連の事件で殺人罪などに問われた教団元幹部六人の死刑を同日午前、東京と名古屋、仙台の各拘置所で執行したと発表した。六日に教団元代表の麻原彰晃(しょうこう)元死刑囚=執行時(63)、本名・松本智津夫(ちづお)=ら元教団幹部七人が執行されてから一カ月がたたないうちに、オウム事件の死刑確定囚十三人全員の刑の執行が終わった。死者二十九人、負傷者六千人超を出した未曽有の凶悪犯罪事件の法手続きは全て終結した。

 上川陽子法相は二十六日、記者会見し、「慎重の上にも慎重に執行命令を出した」と述べ、二日前の二十四日に命令したことを明らかにした。

 上川法相が二度の法相在任中に命じた死刑執行は計十六人。法相一人の執行数としては、一時中断していた死刑が再開された一九九三年以降、最多。

 この日執行された六人は、岡崎(現姓・宮前)一明(57)=名古屋拘置所、横山真人(54)=同、端本悟(51)=東京拘置所、林(現姓・小池)泰男(60)=仙台拘置支所、豊田亨(50)=東京拘置所、広瀬健一(54)=同=の各死刑囚。

 確定判決などによると、横山、林、豊田、広瀬の四死刑囚は他の教団元幹部らと共謀。一九九五年三月二十日午前八時ごろ、教団への強制捜査を回避するため、中央官庁が集まる東京・霞ケ関駅を通る地下鉄三路線五車両に猛毒サリンをまき、乗客ら十三人を死亡させ、六千人以上を負傷させた。

 端本、林両死刑囚は九四年六月、教団進出に反対する住民との間で裁判が続いていた長野地裁松本支部の裁判官を標的とし、同支部近くの長野県松本市内の駐車場でサリンを散布。八人を死亡させ、六百六十人が負傷した。

 岡崎、端本両死刑囚は八九年十一月、「オウム真理教被害者の会」を支援していた坂本堤(つつみ)弁護士=当時(33)=と妻都子(さとこ)さん=同(29)、長男の龍彦ちゃん=同(1つ)=の一家三人を横浜市内の自宅で殺害した。

 教団による一連の事件では、麻原死刑囚ら百九十二人が起訴され、十三人の死刑判決と六人の無期懲役判決が確定。元信者の高橋克也受刑者(60)の無期懲役が今年一月に確定したことで、一連の事件の全ての刑事裁判が終結している。

<解説> 死刑が確定したオウム真理教元幹部十三人の集中執行は、「平成の事件は平成のうちに終える」という国の強い意思の表れと言える。

 今回執行された残る六人については「麻原元死刑囚らとは責任の質が違う」と執行に慎重な声もあった。ただ、共犯者の死刑執行は同時に行うのが慣例。二回に分けての執行は、施設や人員配置の観点から難しかったためとみられる。七人の執行から時間を置いての執行に、残された六人にのしかかった心理的負担は想像を絶する。

 欧州を中心に先進国の多くが、残忍で冷酷であり、犯罪抑止効果がないなどとして、死刑制度を廃止したり、執行を停止している。六日の執行に対し、欧州連合(EU)から死刑廃止を求める声が上がった。東京五輪・パラリンピックを二年後に控え、国際社会からの批判も予想される。

 一連の事件では、殺人を肯定する教義の下で、高学歴の若者らが凶悪犯罪に手を染めた。社会への疎外感、閉塞(へいそく)感を抱えた若者らが暴走する事件は、今も続いている。

 十三人全員の執行は終わっても、地下鉄サリン事件などで後遺症を抱える人や遺族の苦しみは続く。同じような事件を繰り返さないため、社会全体で事件の教訓を次世代に継承していく取り組みが必要だ。(山田祐一郎)

<オウム真理教> 麻原彰晃元死刑囚=本名・松本智津夫=が1984年2月、東京でヨガサークルとして「オウム神仙の会」を設立。87年7月に「オウム真理教」に改称し2年後に東京都から宗教法人の認証を受けた。山梨県上九一色村(当時)などを拠点に、地下鉄サリン事件を起こした95年3月には出家信者が約1400人、在家信者が1万人以上いた。東京地裁が同年10月に解散を命令。その後確定し、宗教法人格を失った。坂本堤弁護士一家殺害事件(89年)、松本サリン事件(94年)、地下鉄サリン事件(95年)など一連の事件で、国は6500人以上の被害者を確認。教団は現在、主流派の「アレフ」と、元幹部上祐史浩氏が設立した「ひかりの輪」、アレフから分派した集団の三つに分かれている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報