東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

文科省幹部 収賄で逮捕 JAXA出向中 接待疑い

川端和明容疑者

写真

 東京地検特捜部は二十六日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)出向中に会社役員から約百四十万円相当の接待を受けたとして収賄の疑いで、元理事で文部科学省国際統括官(局長級)の川端和明容疑者(57)を逮捕した。贈賄の疑いで、コンサルタント会社の役員だった谷口浩司容疑者(47)=受託収賄ほう助罪で起訴=を再逮捕した。JAXAの役職員はみなし公務員。

 文科省では、私大支援事業を巡り東京医科大に便宜を図る謝礼と知りながら息子を不正に合格させてもらったとして、受託収賄罪で前科学技術・学術政策局長の佐野太被告(59)が起訴されたばかり。谷口容疑者も佐野被告と医科大側との会食の場を設けるなど関与したとされ、文科省を舞台に事件は飛び火した形となった。林芳正文科相は二十六日、「現職の職員の逮捕は誠に遺憾だ。捜査に全面協力したい」と述べた。

 川端容疑者の逮捕容疑はJAXAの理事だった二〇一五年八月〜一七年三月、谷口容疑者の会社の業務に関して便宜を図った謝礼と知りながら、東京都内の飲食店などで複数回にわたり飲食の接待を受けた疑い。谷口容疑者の再逮捕容疑は、約百三十万円相当の接待をした疑い。川端容疑者は、JAXAが外部の業者と随意契約を結ぶ際の審査に関わっていたという。

 収賄容疑の金額より少ないのは、刑事処分の時点で贈賄容疑の一部が公訴時効(三年)を迎えるためとみられる。特捜部は二人の認否を明らかにしていない。関係者によると、谷口容疑者は再逮捕容疑を否認している。

 川端容疑者は一九八四年に旧科学技術庁に入庁し、文科省官房総務課長や文化庁文化部長などを歴任。〇六〜〇八年には東京農工大で教授などを務めた。JAXAには一四年七月から一七年三月まで出向し、参与と理事を務めた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報