東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

台風きょう関東へ 「特別警報待たず避難を」

写真

 強い台風12号は勢力を維持しながら二十八日午後にも関東に接近し、西に大きくカーブする珍しい経路をたどって二十九日明け方までに東海か近畿付近に上陸する見込みだ。東日本や西日本で非常に激しい雨が降る恐れがあり、気象庁は土砂災害や浸水、川の増水や氾濫、暴風、高波や高潮への厳重な警戒を呼び掛けている。 

 安倍晋三首相は二十七日に開かれた西日本豪雨の非常災害対策本部会議で、台風12号に触れて「最新情報に注意し、早めの避難を心掛けてほしい」と国民に呼び掛けた。

 気象庁は二十七日午後、臨時の記者会見を開き、黒良(くろら)龍太主任予報官が「特別警報を待つことなく、自治体の避難勧告などに従って早めの避難をお願いしたい。西日本豪雨の被災地では土砂崩れや河川の氾濫が起こりやすくなっている。特に注意が必要だ」と強調した。

 気象庁によると、台風は二十七日午後十一時現在、父島の北東約三一〇キロの海上を時速約三五キロで北に進んだ。中心気圧は九六五ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は四〇メートル、最大瞬間風速は五五メートル。中心から半径一三〇キロ以内は風速二五メートル以上の暴風域、中心の南東側五〇〇キロ以内と北西側三九〇キロ以内は風速一五メートル以上の強風域。

 二十九日午前零時までの二十四時間予想雨量は多い地域で関東甲信と東海が四〇〇ミリ、伊豆諸島が三〇〇ミリ、東北と近畿が一二〇ミリ、四国が一〇〇ミリ。

 二十八日にかけての予想最大風速(最大瞬間風速)は伊豆諸島と東海が四〇メートル(六〇メートル)、近畿が三五メートル(五〇メートル)、関東が三〇メートル(四五メートル)。波の高さは関東や伊豆諸島、東海が一〇メートル、東北が七メートル、近畿と小笠原諸島が六メートル、四国が四メートル。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報