東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

多摩5人死亡火災 床隙間から火花落下か ウレタン引火の可能性

写真

 東京都多摩市で二十六日に五人が死亡した建設現場火災で、地下三階の床に隙間があったことが、警視庁捜査一課への取材で分かった。ガスバーナーで鉄骨を切断した際、飛び散った火花がこの隙間から落下し、地下四階の天井に張り付いたウレタン製の断熱材(厚さ十五ミリ)に引火したとみられる。一課は安全管理体制に問題がなかったかどうか調べている。

 地下三階では作業員の一人が鉄骨の柱を切断し、もう一人が打ち水のようにコップの水をかけ、飛び散る火花を消す役割だった。床には柱を囲むようにベニヤ板を敷き、さらに不燃シートをかぶせていた。免震用スペースの地下四階でも、作業リーダーがウレタンに引火しないよう警戒していた。

 地下三階の出火直後、地下四階のリーダーが「火事だ」とトランシーバーで別の作業員に連絡したが、直後に停電。黒煙も充満し、作業員の避難が遅れた可能性がある。

 亡くなった人は地下三階と地下四階に各二人、屋上に一人いた。警視庁は二十七日、死亡した五人のうち四人の身元を、栗原功至さん(52)=東京都▽岩本靖雄さん(51)=神奈川県▽菅野俊規さん(44)=東京都▽沢田俊治さん(49)=同、と確認した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報