東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

厚木基地 米軍ヘリ窓落下 給油に立ち寄り、離陸後

写真

 小野寺五典(いつのり)防衛相は二十七日、米軍厚木基地(神奈川県)で同日午前十一時五十分ごろ、米海軍のヘリコプターから窓が落下したと明らかにした。窓は基地の敷地内で回収され、人的被害はないという。防衛省は在日米軍に対し、詳しい情報提供や原因究明、再発防止の徹底を申し入れた。

 省内で記者団の取材に応じた小野寺氏は、昨年十二月の沖縄県宜野湾(ぎのわん)市での米軍ヘリの窓落下事故を踏まえ「被害がなく米軍基地内での事案だが、窓の落下は大変な問題だ」と指摘した。

 厚木基地によると、ヘリはMH53Eで、給油のために立ち寄っていた。

 基地が立地する神奈川県大和市が米軍から受けた説明では、給油後に離陸し、二〜三メートルの高さから窓が落下。ヘリは点検などのため、しばらく基地にとどまるという。

 防衛省によると、同じ敷地の海上自衛隊厚木航空基地の隊員がヘリの離陸直後、滑走路上に部品が落下したのを確認。米側に照会して窓と判明した。ヘリは厚木基地の所属ではない外来機。

 神奈川県の黒岩祐治知事は東京都内で記者団に再発防止と原因究明を南関東防衛局に要請したと明らかにした。「米軍の事故があまりにも多発しており、大変ショックを受けている」と述べた。

 沖縄県宜野湾市では昨年十二月十三日、米軍普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリから、隣接する普天間第二小の運動場に重さ七・七キロの窓が落下した。翁長雄志知事や地元議会が激しく反発。米側は小学校を訪れて謝罪したが、その後「人為ミス」と結論付け、六日後に飛行を再開した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報