東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

点滴死 2人目殺害容疑 消毒薬混入で元看護師を再逮捕

 横浜市神奈川区の旧大口病院(現横浜はじめ病院)で二〇一六年九月に起きた点滴連続中毒死事件で、神奈川県警は二十八日、入院患者の八巻(やまき)信雄さん=当時(88)=の点滴に消毒薬を混入して殺害したとして、殺人容疑で同病院の元看護師久保木愛弓(あゆみ)容疑者(31)を再逮捕した。

 立件は一六年九月十八日に死亡した西川惣蔵(そうぞう)さん=同(88)=に続き二人目。「間違いない」と容疑を認めている。

 再逮捕容疑は同十八日午後八時〜十九日午前七時半ごろ、四階ナースステーションに置いてあった八巻さんの点滴袋に消毒薬を混入。別の看護師が十九日夜に点滴袋を交換し、二十日午前四時五十五分ごろに八巻さんを死亡させたとされる。八巻さんの遺体と点滴袋から消毒薬「ヂアミトール」に含まれる界面活性剤の成分が検出された。

 捜査関係者によると、久保木容疑者は夜勤に就くため十八日午後三時ごろ出勤し、日勤者との引き継ぎの合間に西川さんの病室に行き、点滴管に消毒薬を直接混入して殺害。日勤者が帰った後、もう一人の夜勤者がナースステーションを離れた隙に注射器で八巻さんの点滴袋に消毒薬を混入したと話しているという。

 横浜地検は二十八日、西川さんの殺人容疑を処分保留とした。

 久保木容疑者は「亡くなった患者の家族に同僚が問い詰められる姿を見て、自分の説明で納得してもらえるか不安だった」と一連の行動の理由を説明し、二人の他にも消毒薬を投与したと供述。同時期に死亡した男女二人の入院患者から界面活性剤の成分が検出されている。ただ、医師が病死と判断した上、遺体はすでに火葬されており、立件は容易ではないとみられる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報