東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

iPSによる世界初パーキンソン治験 国承認 京大近く開始

 人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から神経のもとになる細胞を作り、パーキンソン病患者に移植する高橋淳・京都大教授のチームの治験が近く始まることが二十九日、関係者への取材で分かった。パーキンソン病でのiPS細胞を利用した治験は世界初となる。対象となる患者数人を募集し、京大病院で医師主導治験を開始する方針。

 関係者によると、既に学内の審査を終えた。チームは、治験を監督する医薬品医療機器総合機構(PMDA)に届け出て、国が治験実施計画を了承した。

 パーキンソン病は、脳内で神経伝達物質ドーパミンを出す神経細胞が減り、手足の震えや体のこわばりなどが起こる難病。根本的な治療法はなく、チームは京大が備蓄する、拒絶反応が起こりにくい他人のiPS細胞から作った神経細胞を脳内に移植し、神経を補おうとしている。チームは既に患者や健康な人のiPS細胞から作った神経細胞をパーキンソン病のサルに移植し、最長二年間観察。症状が改善し、がん化する可能性のある腫瘍ができなかったことを確認している。

 医師主導治験は現場の医師が主体となって安全性や有効性を確かめる。

 これまで理化学研究所などが、iPS細胞から作った網膜の細胞を目に重い病気のある患者に移植する世界初の臨床研究を実施。大阪大はiPS細胞から作った心筋シートを重症心不全患者の心臓に移植する臨床研究を計画している。

<パーキンソン病> 脳の情報伝達を担うドーパミンを産出する神経細胞が減少し、震えや運動機能の低下などの症状が出る。厚生労働省の指定難病で、主に50歳以上で発症する。ドーパミンを補充する薬物療法が中心だが、病気が進行すると効きにくくなる。外科手術で、脳に電極を埋め込み、刺激を送る治療もあるが一時的に症状を和らげるだけで、根本的な治療法は見つかっていない。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】