東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

台風通過 豪雨被災地、片付け再開

台風12号が通過した被災地で、災害ごみを回収する業者の男性=30日、岡山県倉敷市真備町地区で

写真

 台風12号が通過した西日本豪雨の被災地では三十日、住民らが自宅の片付け作業を再開した。大きな被害はなく安堵(あんど)の声が漏れた一方、自治体は引き続き土砂災害など二次被害に警戒するよう呼び掛けた。

 豪雨で自宅が浸水し、二階で生活を続ける岡山県倉敷市真備(まび)町地区の男性会社員(65)は、台風12号が通過する前日から物が飛ばされないよう対応に追われた。「被害がなくて良かったが、これから本格的な台風シーズンに入るので心配だ」と話した。

 広島市安芸区矢野東地区の主婦(75)は、自宅の敷地に流れ込んだ土砂の撤去を再開。「今朝は六時半から作業を始めた。一人では体力的にも厳しく、なかなか進まない」と汗を拭った。

 広島県坂町小屋浦地区では強い日差しの中、住民やボランティアがスコップなどを手に後片付けに追われた。自宅の土砂を撤去していた無職西谷利明さん(70)は「ただでさえ大変なのに、台風まで来ると憂鬱(ゆううつ)になる。先が見えないけど、諦めずにできることをやるしかない」と語った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報