東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

西日本7府県の海水浴場、豪雨で打撃 土砂や流木、海開き断念も

西日本豪雨の影響で遊泳禁止となっている広島県坂町の海水浴場「ベイサイドビーチ坂」

写真

 西日本豪雨で土砂や木が海に流れ込んだり周辺インフラが被災したりしたため、少なくとも七府県の海水浴場で遊泳禁止や海開き断念などの措置を取ったことが分かった。復旧作業を済ませ、既に再開したところもあるが、観光業への打撃は避けられず、諦めの声も出ている。

 広島県坂町の海水浴場「ベイサイドビーチ坂」の砂浜には土砂が入り、流木やがれきが散乱。周辺の国道沿いの斜面が崩れ、通行止めになった。迂回(うかい)路として海水浴場の駐車場が舗装され、国道復旧の工事車両が行き交う。砂浜の一角は国道から取り除かれた土砂の仮置き場になった。

 被災前の七月一日に海開きをしたが、県は遊泳禁止とし、今シーズンは解除しない方針。子どもと砂浜を訪れた広島県熊野町の四十代男性は「人気のある場所で例年この時期はにぎわうが、仕方がない」と話した。

 愛媛県西予市の「大早津(おおそうづ)海水浴場」も砂浜が削られ、一部を遊泳禁止にしたほか、兵庫県赤穂市の千種川河口にある「赤穂唐船サンビーチ」は砂浜がぬかるんでいるとして海開きを断念。広島県呉市の「狩留賀(かるが)海浜公園」は土砂崩れで遊具の一部が壊れたため休園し、園内の海水浴場も再開の見通しは立っていない。

 このほか京都府や鳥取、徳島、福岡各県の一部の海水浴場も、豪雨の影響で一時的に利用できなくなった。

 広島県観光連盟の担当者は「(開設した海水浴場でも)災害直後で心理的にレジャーに行こうという動きが鈍くなっている」と指摘した。

 岡山県倉敷市の沙美(さみ)海水浴場は約一週間かけて漂着物を取り除いた。だが、海の家を営む原田治彦さん(76)は「客足は例年の半分にも満たない。もう諦めている」と声を落とした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報