東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「シンプルかつ和の精神」 演出総合統括・萬斎さん抱負 東京五輪・パラ開閉会式

記者会見する20年東京五輪・パラリンピックの開閉会式の総合統括を務める野村萬斎さん=31日午前、東京都港区で

写真

 二〇二〇年東京五輪・パラリンピックの開閉会式を企画、演出する総合統括に決まった狂言師の野村萬斎さん(52)が三十一日、東京都内で記者会見し、東日本大震災の「鎮魂と再生」を主題の一つに挙げ「復興五輪の名に恥じないような、シンプルかつ和の精神に富んだ五輪・パラリンピックになるよう全力を尽くしたい」と抱負を述べた。

 五輪を担当する映画監督の山崎貴さん(54)、パラ担当でクリエーティブディレクターの佐々木宏さん(63)も同席した。映画「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズで知られる山崎さんは「いろいろな人の力を結集させて日本らしい開閉会式ができれば」と語り、多くの人気CMを手掛けた佐々木さんは「五輪に注目がいくと思うが、負けないように挑戦者の気持ちで頑張りたい」と意欲を述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報