東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「冷戦再現」懸念表明へ 広島市長、平和宣言で

松井一実市長

写真

 広島市の松井一実市長は一日の記者会見で、原爆の日の八月六日に平和記念式典で読む平和宣言の骨子を発表した。

 核兵器を巡る現状を、被爆者の思いが広がりつつあると評価しながらも「世界で自国第一主義が台頭し、冷戦期の緊張関係が再現しかねない」と懸念を表明する。

 昨年成立した核兵器禁止条約を「核なき世界への一里塚」とするよう主張。日本政府には国際社会が核廃絶に向け、対話と協調を進めるため役割を果たすよう求める。

 朝鮮半島の非核化について、市民社会は緊張緩和が今後も平和裏に進むことを心から希望していると述べる。

 当時二十歳だった被爆者二人の体験談も引用。人類は歴史を忘れ過ちを犯してしまうと指摘し、「ヒロシマを継続して語り伝え、核廃絶の取り組みが各国の為政者の理性に基づく行動で継続するようにしなければ」と訴える。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報