東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

法人顧客 囲い込み疑い 大阪ガスに立ち入り

 大阪ガス(大阪市)が、他社と契約しないよう大口の法人顧客を不当に囲い込んだ疑いが強まったとして、公正取引委員会は二日、独禁法違反(私的独占、不公正な取引方法)の疑いで同社を立ち入り検査した。

 関係者によると、大阪ガスは大口顧客に対し、運営する複数の事業所をまとめて契約することでガス料金を割り引いていた。しかし、事業所のうち一カ所でも解約すると、それまでの値引き分を全て返さなければならないとの内容になっており、他社と契約しにくい状態になっていたという。

 また、他社と競合する顧客だけ料金を大幅に下げ、不当な価格設定で競争を妨げたとする疑いがある。

 都市ガスの小売りは、一九九五年から段階的に自由化が進み、電力会社などが参入。公取委は、競争が激化し、顧客の囲い込みを図ったとみているもようだ。

 公取委は昨年八月にも、取引上有利な立場を利用し、業務委託先の業者に自社ブランド製品の購入を事実上強制したとして、独禁法違反(優越的地位の乱用)の疑いで大阪ガスを立ち入り検査している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報