東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

オウム裁判記録、永久保存 異例の公表 法相「伝える責務」

 上川陽子法相は三日の閣議後の記者会見で、オウム真理教を巡る一連の事件の刑事裁判記録を「刑事参考記録」に指定し、原則永久に保存するよう指示したと発表した。教団元代表麻原彰晃(しょうこう)元死刑囚=執行時(63)、本名・松本智津夫(ちづお)=ら十三人の死刑執行に関する行政文書も期限を決めずに保存する。法務省はこれまで指定した事件名を明らかにしておらず、異例の対応。

 上川氏は「過去に例を見ない、今後二度と起きてはならない事件。廃棄を避けて確実に保存し、将来の世代に受け継いでいくことも私の重要な責務だ」と話した。「いずれは国立公文書館への移管を期待したい」とも述べた。

 一連の事件では百九十二人が起訴され、十三人の死刑を含む百九十人の有罪、二人の無罪が確定した。罰金刑となった事件の裁判記録など一部が既に廃棄されているが、残るほとんどは保存されているという。

 調書など刑事裁判の記録は、判決確定後に検察が保管する。刑の内容や刑期に応じて定められた三〜五十年(判決書は最大百年)を過ぎると廃棄されるが、犯罪や学術の研究などに有用だと判断された場合、法相が刑事参考記録に指定する。

 一九八七年の法務省刑事局長通達によると、(1)死刑判決で終結した事件(2)国政を揺るがせた事件(3)犯罪史上顕著な事件(4)無罪判決で終結した事件のうち重要なもの−などを指定の基準としている。

 今年七月末時点で七百二十二事件が指定されているが、法務省は事件名を公表していない。

<刑事参考記録> 刑事法制や犯罪に関する調査研究の重要な参考資料であると判断された刑事裁判の記録。刑事確定訴訟記録法や法務省の記録事務規程によると、検察庁の長が指定すべきだと判断した場合、法相に上申。法相が指定する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報