東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

西日本豪雨1カ月 いまだ不明11人 鉄道、水道 復旧進む

 西日本豪雨で最初の大雨特別警報が出されてから六日で一カ月となった。警察庁によると、被災地での死者は二百二十五人。共同通信のまとめでは広島、岡山、愛媛、大阪の四府県の十一人が行方不明で、警察や消防などの捜索が続く。広範囲で被害を受けた鉄道は復旧が進み、断水も一部地域を除いて解消している。

 広島県内の行方不明者は六人。広島市安芸区の十一歳と六歳の姉妹は家族と車で移動中、車ごと川に転落した。安芸高田市の七十代女性や東広島市の四十代男性、呉市の七十代女性、坂町の四十代女性の行方も分かっていない。

 岡山県内の不明者は三人。高梁市の建部光明さん(66)は土砂崩れで水路があふれ、巻き込まれた可能性がある。犬の散歩に出た新見市の室広明さん(69)と、川岸の草刈りに行くと言っていた鏡野町の内田篤次郎さん(68)も川に流されたとみられる。

 愛媛県鬼北町の女性(90)も自宅近くに川があり、県警が捜索。大阪府では、堺市美原区の七十代男性が田畑を見に行ったまま帰宅していない。

 厚生労働省によると、水道は十八道府県で最大計二十六万三千三百八十一戸が断水したが、八月五日現在、広島市安佐北区で十戸、愛媛県宇和島市で千四百四十三戸の計千四百五十三戸を残すのみとなった。

 全国の鉄道網では、JRと私鉄で最大百十五路線が運転を休止。国土交通省によると、六日午後までには九十九路線で再開し、運休は十六路線に減少した。一部は八月中に復旧する見込み。JR西日本の芸備線の一部区間は橋が流失した影響などで、再開に少なくとも一年以上を要するとみられる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報