東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「原爆の日」 広島平和式典

 広島は六日、被爆から七十三年の「原爆の日」を迎えた。広島市中区の平和記念公園では「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)が営まれた。松井一実市長は平和宣言で日本政府に対し「核兵器禁止条約の発効に向けた流れの中で国際社会が核なき世界へ対話と協調を進めるよう役割を果たしてほしい」と主張した。直接的な表現で条約の批准は求めなかった。 

 昨年国連で採択された核禁止条約は核廃絶への機運醸成につながると期待されたが、米国の「核の傘」の下で日本政府は否定的な立場を取り、被爆者から批判が相次いでいる。

 松井市長は平和宣言で「朝鮮半島の緊張緩和が対話により進むことを希望する」と述べ、自国第一主義の台頭や核兵器の近代化など世界の現状について「冷戦期の緊張関係の再現」と懸念を表明した。

 松井市長は「被爆者の訴えは核兵器の誘惑を断ち切るための警鐘」と指摘。「被爆者が年々減少する中、その声に耳を傾けることが一層重要」と世界に呼び掛けた。

 式典では新たに五千三百九十三人の名前が書かれた原爆死没者名簿を原爆慰霊碑の石室に納めた。これまでに記帳された死没者の総数は計三十一万四千百十八人となった。被爆者健康手帳を持つ全国の被爆者は今年三月末時点で十五万四千八百五十九人。平均年齢は八二・〇六歳に上っている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報