東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

シロナガスクジラ標本に 由比ガ浜から死骸搬出

由比ガ浜海水浴場に打ち上げられたシロナガスクジラの死骸=6日、神奈川県鎌倉市で

写真

 神奈川県鎌倉市の由比ガ浜海水浴場で五日に打ち上げられたシロナガスクジラの死骸について、調査している国立科学博物館(東京都台東区)は、解剖して骨や胃の内容物などを調べた後、「骨格標本として展示したい」としている。死骸は六日午後、海岸から搬出された。

 同館の田島木綿子(ゆうこ)・動物研究主幹によると、絶滅危惧種に指定されているシロナガスクジラが国内で打ち上げられたのは初めて。クジラの中で最も大きく、成長すると二六メートルほどにもなる。死骸は一〇・五メートルで、生後数カ月とみられる。船に衝突した跡などは見られなかった。

 田島研究主幹は「日本周辺では絶滅したのではと言われたほど。回遊しているのが確認できたのは有益」と話した。 (北爪三記)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報