東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

下呂で41.0度 岐阜、国内2位タイ

 日本列島は六日も東海を中心に気温が上がり、午後には岐阜県下呂市で国内二位タイの記録となる四一・〇度を観測した。東海や西日本では七日も高気圧に覆われて気温が上昇するとみられ、気象庁は熱中症対策を呼び掛けた。一方、前線の影響で大雨になった東北や新潟県では地盤が緩み、増水した河川もあるため土砂災害に警戒が必要だ。

 気象庁によると、四一度台に達したのは埼玉県熊谷市で四一・一度を観測して国内最高記録を更新した七月二十三日以来だ。四一・〇度は二〇一三年八月十二日に高知県四万十市でも観測された。

 前線の南下で関東甲信でも大気の状態が不安定になり、局地的に激しい雨が降った。レーダー解析の結果、長野県飯田市付近で一時間に約一一〇ミリの雨が降ったとみられる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報