東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

津川雅彦さん死去 78歳「マルサの女」など幅広く

旭日小綬章受章の喜びを語る俳優の津川雅彦さん=2014年4月

写真

 映画「マルサの女」「ひとひらの雪」など、二枚目から悪役まで幅広い役で存在感を示した俳優の津川雅彦(つがわまさひこ)(本名加藤雅彦(かとうまさひこ))さんが四日、心不全のため死去した。七十八歳。京都市出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は俳優で長女の真由子(まゆこ)さん。

 祖父が「日本映画の父」と呼ばれた牧野省三監督、叔父はマキノ雅弘監督という芸能一家に生まれ、幼いころから舞台や映画に出演。一九五六年の映画「狂った果実」への出演を機に役者の道へ本格的に進み、二枚目俳優として人気を博した。

 その後、悪役や渋い脇役などに芸域を広げた。国税の査察官を演じた「マルサの女」など、伊丹十三監督作品には欠かせない俳優に。八八年には同作などの演技が評価され、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞に輝いた。

 映画「プライド 運命の瞬間」の東条英機、NHK大河ドラマ「葵 徳川三代」の徳川家康など歴史上の人物を多く演じたほか、映画「ひとひらの雪」などで恋に溺れる中年男性を好演した。

 他の出演作に映画「日本の夜と霧」「〓東綺譚」、ドラマ「澪(みお)つくし」「サラリーマン金太郎」「黒革の手帖」など。

 二〇〇六年に「マキノ雅彦」名で映画「寝ずの番」を初監督。〇八年には叔父マキノ監督の代表作「次郎長三国志」をリメークした。〇六年紫綬褒章、一四年旭日小綬章。

 妻は四月に亡くなった俳優の朝丘雪路さんで、一一年に死去した俳優長門裕之さんは兄。

 北朝鮮による拉致問題で、早期解決を訴える政府の啓発ポスターに起用されたこともあった。

◆華と風格 観客引き込む

 におい立つ男の色気と押し引き自在の語り、見る者を引き込む間合い。四日死去した俳優津川雅彦さんには、華や風格に加えて、演技に確かな技術があった。生前、伊丹十三監督の映画「あげまん」(一九九〇年)が、自身の演技の「最高潮」だったと語っていた。

 八〇〜九〇年代、伊丹監督の作品九本に出演した津川さん。芸能一家に生まれ、幼少から演技経験を積んだが、伊丹作品はせりふも長く「監督の注文が多すぎてついていけない」と苦しんだ。

 八七年の「マルサの女」で国税の査察部捜査官を演じた時、せりふの速度を上げてと言われ、速めると「ニュアンスをなくさずに」。税金逃れを責める場面では「このせりふで相手のネクタイを触って、締め直して」。うまく演じたと思った瞬間に「『あの税金…』の『ぜ』の時につかむ」。矢継ぎ早に注文が飛んだ。

 八八年の「マルサの女2」では車を運転しながらせりふを覚えた。二週間かけて「臓腑(ぞうふ)」にたたき込み、撮影に臨んだ。これらの過程で演技に開眼したという。

 「せりふなんて演技の初歩。芝居は間合いが全てで、せりふを言った後に息を吸うと観客も一緒に息をつく。この間に観客が集中する」。極意をそう語った。

 そして「その“間”や気配を自在に操ることができたのが『あげまん』だ」と述懐した。銀行の支店長に就任し、行員たちに演説する場面。カメラが移動しながら撮り、津川さんは行員数十人の間を歩き、見え隠れしながら長いせりふを言う。

 「このせりふの時に見えて、このせりふの時は見えなくていいと歩数を計算した。本番でも余裕があって、今出た、今隠れた、うまくいっていると考えながらできた。芝居の神様が降りてきたかなと思いました」

 その後、渡辺淳一さん原作の文芸作品やジェームス三木さん脚本のNHK大河ドラマの常連に。好色な中年男や老練な権力者などを存在感たっぷりに演じ、押しも押されもせぬ演技派となった。

 間合いを操り、言葉だけでは伝え切れない人間の奥底を表現した津川さん。演技とは何か、人を楽しませることとは何かを体現した、役者の中の役者だった。 (共同・佐竹慎一)

※〓はさんずいに墨

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報