東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

台風13号、房総半島接近 速度遅く影響長引く恐れ

写真

 強い台風13号は八日、勢力を保ったまま千葉県勝浦市の南の海上を北上した。暴風域を伴って八日夜にかけて房総半島にさらに近づき、九日朝にかけて水戸市付近に達する見通し。西寄りに進むと上陸する可能性もある。速度が遅いため、影響が長時間続くとみられる。気象庁は土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫、高波、高潮に厳重な警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、関東甲信や東北には八日昼ごろから台風の雨雲がかかり始め、九日にかけて局地的に猛烈な雨が降る恐れがある。総雨量がかなり多くなりそうだ。

 関東に近づいた後は東北の太平洋沿岸を北上する見通し。台風の北側に停滞する前線も北上するため、九日は北海道でも大雨に注意が必要だ。

 九日昼までの二十四時間予想雨量はいずれも多い地域で関東三五〇ミリ、東北二〇〇ミリ、甲信一八〇ミリ、伊豆諸島一五〇ミリ。その後の二十四時間は東北一〇〇〜二〇〇ミリ、関東と北陸一〇〇〜一五〇ミリ。九日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は関東三五メートル(五〇メートル)、東北三〇メートル(四五メートル)、伊豆諸島二五メートル(三五メートル)、東海二三メートル(三五メートル)。

 台風は八日正午現在、勝浦市の南南東約二二〇キロの海上を時速約一五キロで北北西に進んだ。中心気圧は九七〇ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は三五メートル、最大瞬間風速は五〇メートル。

 空の便にも影響が出ており、全日空は八日、羽田や成田を発着する四十便以上の欠航を決めた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報